ブログパーツ

番外編 入院中に重宝したおもちゃ・本

2012年6月21日 (木)

再発時にはまったおもちゃなど

7歳の小2の男の子がベッドでも楽しめるおもちゃ
(個人的な嗜好もかなり影響するとは思いますが・・・)

第一位!:LaQ

初発時三歳からずっと継続して愛用。すでに持っていても、さらに色々集めてパーツが増えると作れるものも増えるのでよいです。作り方の本も色々出ているし(男の子の好きな恐竜とか)、LaQの公式サイトにも作り方が日々UPされ続けているので飽きません。

第二位!:折り紙

『ORIROBO』、『オリガミレーサー』、『本格折り紙 入門から上級まで』という本は、折り紙好きのお子さんにとにかくお勧めです!プレゼントの場合は、一緒に大き目の折り紙や両面折り紙を贈ると喜ばれます♪

第三位!:LEGO

3in1シリーズは、1セットで3つのモデルが組めてお得です。LEGOのMOC Pages.comというサイトでは、他にも個人の方がUPした組み替え方がたくさん載っていて楽しめます

第四位!:iPad

無料で楽しめる脱出ゲームや将棋ゲーム、パズルゲームがたくさんあります。息子は58WORKSという会社のDOORSなどの脱出ゲームや、スワンピーのお風呂パニックというアプリが特に楽しかったようです。折り紙やLaQの作品をiPadで写真にとって加工したりする楽しみ方もしていました。

第五位!:コミック本(大人も子供も入院の定番です^^)

お友達が贈ってくれた「こち亀」や、自分で買い集めた「名探偵コナン」などをたくさん読みました。こち亀の両さんのギャグは、大人になるとすっごく笑えるっていう感じでもなくなりますが、小学生男子にはすっごくうけるみたいです。げらげら笑いながら読んでいたので、免疫UPにも一役買ったのではないでしょうか??つらい日々に息子に笑顔の時間をくれた、ありがたい存在です。治療が本当にしんどい時は、難しい本や、ストーリーの複雑な漫画より、とにかくギャグ漫画がいいみたいです。

第六位!:DVDプレイヤー

テレビだけだと飽きてしまうので、こち亀やコナンやジブリやお笑いのDVDをレンタルして毎日1本は観ていました。髄注の後など、じっと横になっていないといけないけれど、しんどさを忘れるために何かしていたい・・・というとき、DVDがあったから救われました。

その他挙げればきりがありませんが・・・

・ナノブロック
・3Dクリアパズル
・ロンポス
・ジグソーパズル
・ポケモンカード(治療を頑張ったご褒美に、コンビニで拡張パックを1つずつ買って増やしました。治療の動機づけにもなるし、同室のお友達と遊ぶのにもGOODでした)
・UNO
・大人の塗り絵シリーズ

自宅では、WiiFitがお勧め!気分転換になるし、外出ができない期間でも体を動かせます。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック