ブログパーツ

« WEEK86-90 Maintainance | トップページ | WEEK92-94 »

2014年5月18日 (日)

WEEK91 Maintainance

■外来治療 5/13 

またエンドキサンの点滴+オンコビンの静注フェーズ(4回)が始まります。

本来なら5/7が1回目なのですが、肝機能障害の値がやや上がってきていること、ちょうどGWに病院の電子カルテシステムの入れ替えがあるので、緊急治療以外はなるべく避けたいこと、を理由に一週延期となりました。

5/13も、まだ新しいシステムに先生方が慣れておらず、色々時間がかかりました。

その上、採血をしてくださった当番の研修医の先生が、採血だけで立ち去ろうとするので、点滴も始めてください、とこちらからお願いするなど、オペレーションがかなり怪しいのでした・・・。採血結果を待つ間に輸液を流しておけば、結果が出たらすぐに薬を入れられます。エンドキサンは薬を入れる前後に輸液を30分くらいは流すことになっているので・・。

採血当番の先生は、必ずしも息子の治療の全体像を把握していないので、このようなことが起こります。命にかかわるようなクリティカルな問題ではないですが、無駄な時間は過ごしたくないので、こちらが気を付けるしかないですね・・。

13時に病院に入ったのに、出たのは18時過ぎでした。弟を家で祖父と留守番させているし、気が気ではなかったのですが、仕方ありません。次回以降オペレーションが改善されていることを願うばかりです。

先生方も、システムに振り回されるのは本当にお気の毒です。現場の先生方が治療に専念できるように、事務方の方々には考えていただきたいものです。。

■在宅期間

月水金朝夕 バクタ内服

5/7の夕方から長男が急にぐったりして食欲もなく、顔色も悪くなりました。普段よく食べてめったに食欲がなくならないので、肝機能障害をうたがってしまいました。

5/8の朝、主治医に電話で相談したところ、様子をみて悪くなってくるなら救急へ、そうでなければ安静にして様子見で良いといわれ安心しました。

学校を休んで寝させていたら、徐々に回復し、5/12からは元気に学校に通えるようになりました。

まだまだちょっとしたことで心配になってしまいますが、今回は単なる感染症だったようで、よかったです。引き続き気を抜かずに見守りたいと思います。

« WEEK86-90 Maintainance | トップページ | WEEK92-94 »

4 小児白血病再発闘病記-維持療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WEEK91 Maintainance:

« WEEK86-90 Maintainance | トップページ | WEEK92-94 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック